stella(ステラ)様

stella(ステラ)様

畠山様と安田様は、2009年12月にご夫婦で、東京都江東区森下にて美容室を開業されました。みかんぐみ株式会社のご利用の経緯や評価について伺いました。

イタリア語で「星」という意味だそうで、太陽のうしろでもそっと輝きつづける星のように、お客様の毎日のステージを裏側でそっと支える存在でありたいとの想いを込められています。

stella(ステラ)様概要

  • 2009年12月開業
  • カット面4席、シャンプー台2台、待合2席
  • 店舗デザイン・設計・外装・内装工事金額 735万円
  • 面積 およそ18坪
  • スタッフ 3名
  • 「オーガニックケア」をコアコンセプトに、髪を大切にする方のための落ちついた雰囲気の美容室をご夫婦2人で開業されました。
  • 不動産交渉サポート、融資書類作成のアドバイス、また集客面でホームページ制作やチラシ等印刷物制作も、店舗づくりとあわせてお手伝いさせていただきました。

インタビュー目次

すごくお金をかけないとオープンできないと思っていました

照明デザインは、オーナー様のご希望で、明るさ優先ではなく、店内の雰囲気を醸し出すことを最優先した設計となっています。

落ちついた雰囲気を出すためのアイテムのひとつとして、鏡の前の雑誌置き台にも、自然素材の風合いが出るようひと工夫。

Q.独立してお店を出すことを考えられたのはいつ頃だったのですか?

A.勤め先は居心地がよかったし、ずっとこのままの調子で仕事を続けて行くのかなと思っていました。それに、美容業界では、すごくお金をかけないとお店をオープンできないので、自分でお店をだすなんて現実的でないとも思っていたのです。

ところが、ネットで、御社が発信されている情報を目にする機会がありました。あまりにも自分が今まで知っている情報とは違っていたので、最初は「ふーん、そうなんだー」ぐらいにただ見ていました。なにしろ、オープンに必要な最低予算は2千万円超とどこからも言われていて、自分でもそうだと思い込んでいたのですから。

最初は「ふーん」だったのが、気になるので何度か目にするうち、「お店を出すとしたら、どんなことが必要かな」と自分の頭のなかで考えるようになっていたのです。
自分のなかの対話にかける時間は、結構長かかったと思います。

「すごくストイックな人がきた~」

窓は、オーナー様からのご要望をもとにデザインされています。

Q.長い間、施工事例の写真などをご覧いただたうえで、当社の無料相談を利用してみようと思われるようになったのは、どんな想いがあったからですか?

A.相談しようと思った時は、すでに「お店をやる!」と決めていました。そのため、経営に必要なことの勉強も始めていました。なので、知識は沢山ありました。その自分の知識はどの程度なのか、また方向性として間違っていないかを確かめたかったからです。

近隣の美容室にはない、目をひくおしゃれな外観です。

Q.無料相談をご利用いただき、担当の小川とお話しいただいた後、弊社の第一印象はどんなものでしたか?

A.「すごくストイックな人がきた~」という感じでした。実は、2社ほど他の美容室の開業を手伝って下さる会社の営業の方ともお会いし、相談しはじめていました。その2社とも、営業担当の人とお会いしてお話ししていたためか、今から思えば、やっぱり営業モードなんですよね。でも、小川さんは、「なにか質問があったらしてください」という淡々とした感じで、なんだかとても新鮮でした。

「ネットでみつけた会社なんか、信用できないのでは?」

中が丸見えでないのがいいと、ご来店のお客様からもほめていただける外観入り口付近です。丸見えにはならないけれど、でも、「中はちょっと見える」のが、設計デザインのポイントでした。

Q.そうだったのですね。他の美容室デザイン・美容室プロデュース会社さんとお話しをすすめておられるなかで、それでも、ひきつづき、当社担当と会ってみよう、と思っていただいた理由はなんだったのでしょうか。

A.実はね、周りからは、すごく止められたのです。「そんな、ネットでみつけた会社なんか、信用できないのでは?」って心配されて。そこで、開業したら一緒にサロンをやっていくことになる妻に、一緒に会ってもらって、そのうえで、お願いするかどうかを決めようと思ったのです。

決め手は、美容室経営の知識が他社と比べてとても豊富だった点です

Q.奥様と一緒にお会いいただいて、それで、ここで開業してみようと決めていただいた決め手はなんでしたか?

A.とっかかりは、金額でした。

でも、決め手は、美容室経営の知識が他社の方とくらべてとても豊富だった点です。独立開業のための勉強をしていたとはいえ、内心は不安がいっぱいで、いろんなことが心配になります。信念をもって頑張ろうと思いながらも、その不安をぶつけて、本当にそれで大丈夫かどうか、リアルな意見がもらえると思ったからです。美容室の店舗をつくる工事の事だけでなく、美容室の経営についても幅広く、判断のための意見をもらえることが、大きな魅力でした。

また、もうひとつ、お店づくりについても、話をじっくり聞いてくれるなと思ったからです。施工事例をみてお話ししているなかで、「かわいいお店を造ってるなあ」と思っていましたが、正直、自分が思い描く「オーガニックカフェ」や「雑貨屋」さん風にしたいという、そんな美容室の雰囲気の店舗デザインはその施工事例にはなかったのです。でも、小川さんと僕との掛け合いで、やってゆけるのではと思ったのです。掛け合いが勝負だなあと。

温かみのある光が窓から漏れる様子が、道行く人に対して、お店の魅力を高めます。

Q.実際にお店をオープンされて、いかがですか?

A.お客様からも「落ち着くわ」と褒められるし、ほんと、申し分ないです。
店舗物件のカタチがイビツだったので最初大丈夫かなと不安でしたが、実際にオープンしてみて、動線にも不満はないですし、また、照明デザインも思い通りの雰囲気につくってもらって満足です。

「ここまでつきあってもらえるか」というぐらい、
細かなお願いも聞いてもらえました

リラクゼーションメニューだけでなく、シャンプーにも力を入れておられるサロン様のため、落ち着いた雰囲気のコーナーになるようになっています。

Q.みかんぐみ株式会社の開業プロデュースサービスや設計、内装工事などサポート全般についての評価をお教えください。

A.一つ目は、ホームページなどもお手伝いいただけたことがよかったです。
ホームページや、チラシだけでなく、名刺や、ショップカードのような小さなものまで、「お客様の知りたい事」という視点で徹底してアドバイスをもらえたことが、本当によかったです。

実は、つくってもらった当時は、「文字が多くで嫌だなあ」、「もっとおしゃれなものを創りたいなあ」と思っていたのです。でも、文字が多いことを、かえって、お客さまには褒めてもらえますし、また、当店のことを「オーガニック」で探して、いらしていただける方が多く、ホームページやチラシがほんとうに良く働いてくれています。

二つ目は、工事で、アフターケアも丁寧にしてくださっている点です。
また、注文時も、「ここまでつきあってもらえるか」というぐらい、細かなお願いも聞いてもらえました。

三つ目は、融資のアドバイスも1から全部教えてもらえたことです。

美容師さんとお客さんの間のギャップを埋め、
お客様の立場でのお店づくりをおすすめします

造作家具も、美容室の雰囲気を出すひとつのアイテムです。

Q.今後、弊社で開業を希望される方へのメッセージをお願い致します。

A.美容師さんと、お客さんの間のギャップを、小川さんと和田さんに聞いた方がいいですよ。お客様の立場に立って考えるお店づくりが、必要だと思うからです。

なぜなら、オープン時にはお客様にまず「自分達のことを認知してもらう」ことが必要で、自分達のやりたいことを実現させるのは、認知してもらえた後からやればいいことだなと思うからです。

まだ小さなお子様のお世話が大変な時期にもかかわらず、サロン営業終了後にお子様を保育園へお迎えにゆかれた後に、弊社のインタヴューに時間を割いてくださり心より御礼もうしあげます。オープンされた後にお生まれになったお子様とお会いできたことも、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

取材日 2012年6月14日


ページ上部へ戻る