ブログ

美容室内装工事で、相見積をすると安くなると思っているあなたへ。

すでにサロンオーナーでいらっしゃる女性美容家さんたち。人を育てながら、お客様にも支持される、美容家さんにも、「このしくみおもしろいです」と言っていただけ、とても励みになりました。

今日は、おもいきった話題を書かせていただきます。

みかんぐみでは、相見積をお断りしております。
理由は、少人数で運営しているため、相見積だけを目的にお問い合わせいただく方への時間を節約させていただき、その分の時間を、契約いただいたいま目の前のお客様にきちんと時間効率よく還元させていただきたいと考えているからです。
相見積に出かける時間、人件費等、もし受注できなかったら、すべて、受注したお客様にうわのせするしかないわけですから、余計な経費を上乗せしたくないという考えで、やらせていただいているわけです。

ですが、ホームページに「相見積お断り」と明記させていただいているのに、相見積だけで、数社業者を同時に(時間差でも同じです)呼んぶなかに、みかんぐみを入れておられる方が出てこられます。

そういう方は、大抵、相見積させたい業者どうし互いに意識させて、受注したければ安い値段をだしてこい、という姿勢がありあり見られます。
なかには、相見積をとっていていて、お宅は本命に対する当て馬だと、そうはっきりおっしゃる方もおられます。

大きな会社で、見積をたくさん出すことに意義があり、その中からある一定の割合だけ顧客になってくれればいいという体制の会社さん相手なら、それでも、経済活動がなりたつでしょう。

でも、小さな規模の会社に、それは、どんなにきついことか、自分にの身にも振り替えて考えてみてください。

当て馬の見積をとる行為は、まるで、あなた本人に対して「お前は好きでないし、用事も無いが、カットとカラー分の時間、おれのためにただ働きしろ」と、来店客に言われる美容師さんのようなものです。

ぞれか、大型点なら、ただのクレーマーとして対応すればいいことですが、個人店でそれをやられたら、一日の売上ががたんと落ち売り上げにひびくことは、容易に想像できますよね。

価格だけ、ただ、見積だけ、協力会社を、ただそうやって使っている方、お客様にもその態度がつたわっていること、気を付けてください。

バックオフィスで、出入りの業者さんを、冷たくあしらっている姿は、見えないようでいて、みえています。

知らないのは、あなただけです。

相見積をとって得したとおもっているのはあなただけで、見積を出す側の業者からは、顧客として信用されていないという不利益も被っていること、知っていただくほうがいいです。

今日は、なかなか言いにくいこと、言わせていただきました。

わたしたちは皆、お金を払う側でもあり、お金をもらう側でもあり、両方の立場をもってしてはじめて、資本主義社会の中で生きています。

そのことを理解する方と、お付き合いさせていただきたいと、みかんぐみでは考えております。

毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」


関連記事

ページ上部へ戻る