ブログ

美容室開業前、もしくは、美容室開業後1年以内に簿記3級とることをおすすめする理由

今年初物のたけのこです

こんにちは、美容室開業プロデューサーの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

先日、独立開業のご相談でみえた美容師さんから、こんなお話しがでていました。

「いまのオーナーは、店販品を売れ売れとうるさくて、お客様もいやがっているのに売らなければならないから、イヤ。だから、自分の店は、店販をやらない。店販を売らないのを、売りにします。店販棚はいりません。」

勧める側が、心から気に入っていない商品を、お客さんは敏感に感じ取ります。
勧める側が心から気に入っていない商品は、売れるはずはありません。

おみせで扱っている商品の、どこが気に入らないのか?
気に入る努力、使ってみる努力はしてみましたか?
いまのサロンオーナーに対して、自分なら心から勧められる商品はコレだから、こっちを売らせてほしいなど、そんな改善向上のアプローチをしましたか?

つっこみどころは、心理学側からも、自己啓発側も、やってきますが、今回は、財務面からお話しさせていただきます。

商品は、先に仕入れが発生する場合、なるべく店頭にならべている時間を短くする工夫をするのが、経営をうまくまわすコツです。
これは繁盛経営の王道です。

たとえば、コンビニの棚は、限られたスぺースを有効活用するために回転しない商品(つまり売れない商品)があれば、すぐ、商品が変わってゆきます。
美容室の美容商材も、コンビニの棚と同じと考えてください。

財務面からみたら、いまのオーナーは、商材を「早く回転させる経営をしたい。だから、あなたに売ってほしい」のです。

オーナーには、商品の店販在庫の時間が長くなるとどんな風にお金の流れを経営上悪くするかをちゃんと説明してくれればいいなとおもいますので、そこは改善の余地があるかもしれません。

でも、独立して、あなた自身が美容室経営者になるのであれば、商品はとにかく早く回転させるほうがいいと、あなたが気づく必要もあります。

和田からは、経理の基本的な用語や、お金を生み出す基本の仕組みがわかる近道として、簿記3級を自力で勉強いただき取得いただくことをお勧めしています。

せめて、税理士さんと対等にとはいえませんが、理解し会話ができるぐらいの、用語を使えるようになると、経理や財務の苦手意識もぐっと減り、経営者の仕事もしやすくなります。

簿記3級の知識があれば、お金の流れを悪くする経営上の動きを、ご自身で早く察知いただけるようになっていただけます。

たとえば、上記で述べたような、商品在庫を早くさばかなくてはならない、といったような具合です。
これは、店販商品だけでなく、美容材料在庫にもあてはまることなのです。

もし、すでに独立されていて、まだ簿記3級の知識も自分にないなあというかた、簿記3級にチャレンジしてみてください。
最短1か月の勉強でとれます。

もし、相性がわるくて合格まで2~3年かかったとしても、繁盛経営を目指したいあなたに、ぜったいお役にたちます。

気長に、電卓をたたいて、簿記3級をとること、経営力アップのために、課題にいれていただくこと、強くおすすめします。

3級なら、年に3回、お近くの商工会議所で受験できます。
次の、受験日程に照準をあわせて、いまからぜひ勉強をはじめてください。

簿記3級の公式案内頁
https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/class3

集客と求人に効く美容室内装工事はみかんぐみ株式会社におまかせください。
和田美香
——————

「事業家をめざす社長のための教科書」 http://www.5years.net/
「はじめての美容室独立開業工事110番」http://salonopen.com/


関連記事

ページ上部へ戻る