ブログ

美容室ではスタッフルームでよくある電気トラブルの原因は?

美容室設計のとき、スタッフルームの電気容量はいつもたいてい抑えられ気味です。お金をうまない場所だからです。だから、ブレーカーが飛びやすいということもあります。スタッフさんか多くて、スタッフルームへの出入りが多い時は、スタッフルームの電気容量も考慮いただくといいですね。

美容室開業支援の当ブログをご訪問いただきありがとうございます。 お客様との笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

家電の導入は、職場のほうが家庭よりももしかすると進んでますね。
美容室スタッフルームにそろえる家電としては、下記のものが大抵必須として揃えられています。

 ・電気ケトル
 ・コーヒーサーバー(カットリッジ式のやつ、最近人気ですね)
 ・電子レンジ
 ・冷蔵庫
 ・洗濯機

開業をお手伝いした美容室さんから、電気関係のトラブル助けてのお電話があるときは、大抵スタッフルームからやってきます。

「スタッフルームのコンセントが使えなくなりました! 観ていただけますか?!」

原因は、スタッフルームで2つ以上同時に家電を稼働させてしまったときです。
よくあるのが、電気ケトルとコーヒーサーバーと洗濯機など3つ同時に稼働されるとき。

スタッフルームの使用電気容量がオーバーし、ブレーカーが飛んでしまいます。
ブレーカーをもどすと、スタッフルームのコンセント使用は復旧します。

開業時、いつも注意もうあげるのは、2つ以上の家電を、スタッフルームのなかで稼働させないこと。
特に、電気ケトルを使用するときはには確認をしていただくよう、お伝えしています。

どの美容室様も、かならずといっていいほど、ブレーカーが飛んだ時は、電気ケトルとコーヒーサーバーの使用のタイミングか重なるときです。

お客様へのお飲み物の準備を焦る気持ちのときも、おちついて、くださいね。
ここで電気のブレーカーが落ちてしまったら、結局また手間が増えるだけですから。

美容室も、サロンワーク内のドライヤーの数だけでなく、スタッフルームの電気容量も気にして、調理家電をつかってください、というお話しでした。

美容室設計のとき、スタッフルームの電気容量はいつもたいてい抑えられ気味です。お金をうまない場所だからです。だから、ブレーカーが飛びやすいということもあります。スタッフさんか多くて、スタッフルームへの出入りが多い時は、スタッフルームの電気容量も考慮いただくといいですね。

美容室設計のとき、スタッフルームの電気容量はいつもたいてい抑えられ気味です。お金をうまない場所だからです。だから、ブレーカーが飛びやすいということもあります。スタッフさんか多くて、スタッフルームへの出入りが多い時は、スタッフルームの電気容量も考慮いただくといいですね。

———————————————————

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、資金調達、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html ←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。

和田指定で単発コンサルティングをご希望の場合は、コチラ↓からどうぞ。
http://www.5years.net/contact;

——————————————————–
毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」
;


関連記事

ページ上部へ戻る