ブログ

美容室開業で、2000万円ぐらいなら、公庫から普通に借りられるとおもっていませんか。

8月21日に、藤沢のシェアリングサロンfrangeで行われたドライカット講習会の様子です。

美容室開業支援の当ブログをご訪問いただきありがとうございます。 お客様との笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

美容室開業のために、日本生活金融公庫から借り入れをしたいとお考えの方は、まず、公庫のホームページをご覧になるとおもいます。
美容室開業だと、生活衛生貸付ですね。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/34_eiseikaizen_m.html

該当する頁には「融資限度額2000万円」と書かれています。

ここで、あなた、「おお! 公庫は2000万円も貸してくれるものなんだ。」と勘違いしてはいけません。

この書かれている意味は、「上限2000万円貸せる人もいます」というにすぎません。

あなたにも、そしてだれにでも、2000万円を貸してくれるというわけではないのです。

え、だって、上限2000万円借りられるって読めるよ?

と思われたあなた、はい、「上限」とは「あなたに、2000万円かしてくださる」という読み取りをするのは、借りたい方であって、貸したい方は、そういう意味で書いておられないためです。

日本政策金融公庫がかしてくださるのは、「開業に必要な資金総額のうち、自己資金の倍相当額」程度とお考えください。

逆にいうと、自己資金が、開業にかかる総資金のうちの1/2から1/3程度は必ず持っている必要があるということです。

たとえば、総額800万円でお店をつくりたいと考えたとします。
そうすると、自己資金として250万円ご用意されていれば、借り入れは500万円程度可能と考えられます。
審査がありますので、かならず借りたい金額の1/2~1/3の自己資金でいいのかというとそうでもないですが、目安としてご自身の場合にあてはめてみてください。
ただ、最近、日本政策金融公庫も「美容室に貸し過ぎかも」と思い始めている節があります。政治のうごきにより、貸出し基準が変わることはよくあり、今月から急に、貸出しが渋られる傾向がでるかもしれません。

上限2000万円まで貸してくれるから、自分は楽に美容室開業できるとお考えのかたは、まず自己資金の確認からはじめましょう。

開業資金の調達で悩まれたら、みかんぐみの無料相談もどうぞご利用ください。

———————————————————

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、資金調達、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html ←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。

和田指定で単発コンサルティングをご希望の場合は、コチラ↓からどうぞ。
http://www.5years.net/contact

——————————————————–
毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」


関連記事

ページ上部へ戻る