ブログ

美容所登録ぎりぎりの広さの美容室開業のとき。借りる不動産物件の広さを確認してくださいね。

美容室開業支援の当ブログをご訪問いただきありがとうございます。 お客様との笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

さて、今日の話題は、美容所開設用件の「床面積」についてです。

美容所登録の最低の広さは、管轄保健所で提示されています。
ここでは仮に、最低必要作業場所面積が、13平方メートルだったとします。

では、借りようとしている物件の床面積が、13平方メートル、およそ3.8坪あれば、美容室開設は可能でしょうか?

答えは、一般的には「ダメ」です。
スタッフルーム、トイレ、待合は、作業スペースから削除されるからです。

なので、美容をおこなう作業場以外の、店としての機能をもたせるためのスペースも確保する必要があるので、店舗として物件をかりるときには、7坪以上あったほうがいい、ということになります。

ただし、冒頭にももうしあげたように、保健所によって、例外として、受付も含めるところもあるし、待合も含めるところもあるし、スタッフルームも消毒設備としてつかっていると含めることがOKとしている保健所もありますので、細かな点まで、事前に確認いただくといいでしょう。

地域によって、美容所登録の要件はかわってきますので、ご友人や先輩のときはこれでよかった、という条件も、あなたの地域では違う可能性も高いので、かならず、物件をかりるなど、開業場所をきめるときには、まえもって確認をしていただくことをお勧めします。

———————————————————

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、資金調達、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html ←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。

和田指定で単発コンサルティングをご希望の場合は、コチラ↓からどうぞ。
http://www.5years.net/contact

——————————————————–
毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

日の出

日の出


関連記事

ページ上部へ戻る