ブログ

本物の木をつかったフローリングの床、美容室では、木にとって過酷な環境です

美容室の店内環境は、自然素材にとって、実は過酷な環境なんです。

美容室開業のための当ブログをご訪問いただきありがとうございます。 お客様との笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

9年前に開業をお手伝いした美容室オーナー様からとっても久しぶりのご連絡をいただきました。
みかんぐみが、まだ会社組織になる以前にご支援もうしあげたサロン様です。

ご連絡は、サロン様が夏休みで3日間お休みだったあと、フロアのフローリングがたいへんなことになっていた!どうしましょーというご相談でした。
写真が、その現場とのこと。

フローリングは、合成樹脂のタイルではなく、本物の木をつかった床でした。
設計担当が 分析させていただいた結果、床の一部がもりあがり、傾いていた原因は、木の収縮がいちばんの原因ではとのこと。
複合的に、フローリングの材料同士を接着しているボンドの経年劣化もあわさっておこったとのこと。

合成樹脂だと、床素材の伸び縮みはありませんが、木は、いくら建材になるものは収縮率が低いとはいえ、木の性質は持ち続けています。
一般的に、冬は乾燥しがちなので、木は収縮します。
日本の夏は、湿度が高いので、木は膨張しがちです。
設計、施工のときには、この収縮と膨張を計算し、うまく配置してゆきます。

ただ、美容室の場合、空調がかなりきつく効いているうえに、スチーマー等湿度も高い環境になるので、住宅とくらべると木にとってはかなり過酷な環境になっているとか。
そのうえ、ボンドは、通常5年程度が耐用年数とのことなので、木の収縮にそろそろ耐えられなくなってきたと考えられます。

みかんぐみでは、新装で美容室オープンされたあと、だいたい7~8年ごとに、改装をおすすめしています。
それは、上記のように、お客様をおむかえするのに、どこかに不具合をかかえておられる場合がどうしても出るからです。

気持ちよくお客様をお迎えする環境づくりができるよう、オープン後の、改装費用も、経営計画のなかにいれて日々運営していっていただけるといいなと考えています。

ご支援もうしあげたのが随分昔のことなのに、わすれず、不具合のお問い合わせをいただいたオーナー様、ありがとうございました。

———————————————————

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、資金調達、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html ←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。

——————————————————–
毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

美容室の店内環境は、自然素材にとって、実は過酷な環境なんです。

美容室の店内環境、温度ふ湿度は、内装の自然素材にとって、実は過酷な環境なんです。


関連記事

ページ上部へ戻る