ブログ

自分ブランドづくりいつが一番いい?【ブランド美容室への道】

__c0__さん、こんにちは。

「はじめての美容室独立開業工事110番」の和田美香です。

小規模サロンブランド化のメルマガをお読みいただきありがとうございます。

まずは、2015年4月10日のモデルサロンOpenの内覧会へご来場いただいた皆様に御礼を。

メルマガ読者さんと無料相談以外で実際にお目にかかったのは、実は初めてでした。
遠くまで電車をのりついでご来場いただいたり、ご家族と一緒におこしいただけたりで、ただただ読者さんとお目にかかれたことがとっても嬉しかったです。

リアルでお目にかかれる機会あると、わたしもモチベーションがすっごくあがるという体験しました
セミナーなど、また再開させてお目にかかれる機会をつくっていこうと思えました。
重ねてご来場、ありがとうございました!
開催報告のブログ http://salonopen.exblog.jp/22953407/


さて本題です。

先月は、自分ブランドづくりに必要な材料あつめをしていただくための視点をお伝えしていました。

で、いつこの材料あつめをおこない、戦略を実行してゆくのはいつが有効か?という質問いただきました。

開業前?
開業直後?
それとも2店舗目?

答えは、開業前と、開業が軌道にのってきたとき。
この2つの時期が最適です。

商売を開始した開業直後の時点では、ただ純粋に生き残ることだけを考え、顧客を獲得し、お金を蓄え、請求書の支払いをし、無駄働きを避け効率をあげてゆくことだけに集中している時期です。

なので、開業前に自分でひいたレールの上をただひた走ることになります。

自分でひいておくレールが事前にないと、生き残りをかけた戦いのまっただなかへ、ただ不安な気持ちばかりをもって臨むことになります。

だから、自分ブランドづくりで自分のレールを、まず引いておくことが重要です。

もうひとつ軌道にのってきたときとは、日々の生き残りをかけた戦いの心配が薄らぎ、最初に掲げた理想の商売により近づいてゆこうと考えられるようになってくるときです。

美容室経営者さんで早い方だと開業から1年で「軌道にのった」とおっしゃる方もいらっしゃりますが、だいたいは開業から2~3年たってから「軌道になってきた。スタッフも増やしている」とおっしゃる方が多いです。

ブランディングとは、言いかえれば「特化」と同じです。

つまり、「絞り込み」です。

より限定された範囲でのスペシャリストとして自分を位置付ける作業です。

ご自分の技術に自信をもって独立される美容師さんの多くは、顧客に対して、「幅広い技術でどんなご要望にも対応できる」とおっしゃります。

ですが、顧客は、そんな美容師さんの話ばかりを聞かされ、同じように見えてしまい、結局は、あいまいな「相性」という基準だけで、選んでしまうことになってしまっています。

経営側としては、「絞り込み」をしたら顧客が減ってしまうのではという心配をするかもしれませんが、「多くのなかから選ばれるための意味づけ」をしないことで、かえって「多くの中から選ばれる理由を持たない」リスクを負ってしまうことになります。

極端な表現ですが、「絞り込みをして生き残るか?」、もしくは、「それとも選ばれずに死ぬか」のどちらかと言うことになります。

だから、開業前の段階と、心の余裕がでてきた段階の2つの時期に、自分ブランディングの構築にとりくんでいただきたいというのが理由です。

それでも、「絞り込み」をしたら顧客が減ってしまうのではという心配をしてしまわれるかた、いらっしゃります。

そんな気持ちを払拭するための、「絞り込む市場の大きさをどうとらえるか」について、来月はおとどけします。

マーケットをどう選ぶかを数字の面からおはなししてみますので、自分ブランドの「特化のさせかた」のさじ加減いっしょに考える機会にしてください。

毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社
和田美香
-----
内装工事費用が見える化されたモデルサロンのご案内
http://ribiyo-news.jp/?p=15088
サロン内覧は顧客としてご来店ください。
美容室ボレロビオのご予約はこちらから。
http://bolero-bio.com/
———–
顧客と長い信頼関係をきずくサロンをつくりたい方、みかんぐみの「はじめての美容室独立開業工事110番」サイトより、無料相談のご利用をどうぞ。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html
無料相談は、東京、神奈川で開業ご希望の方対象です。

(月曜日・火曜日の、無料相談の日程が取りづらくなっております。そのため、お申し込みの際、余裕をもった、1週間よりさらに先のご希望日程の候補を3つ挙げていただけますと幸いです)。

━━━━━
■編集後記

モデルサロンとして美容室ボレロビオを開業する過程の経験は、いままで開業を支援するだけの側からみた景色とはちがっていました。

しかもオープン日の夜から、1年ちかく放置していた治療が必要な歯に激痛がやってきました。それぐらい、openの日って、どの経営者さんにもとても大切なことなんだなと体の痛みをもって理解しました。

いろいろな体験のなかで、一番に感じたのは、「経営者はほんとに時間がない」ということです。

あれもこれも丁寧に自分がかかわっていたら、開業日と決めた時間にぜんぜん間に合いません。

そんななか、わたしの仕事を肩代わりし、期待をくみとり提案してくださるブレーンのかたがいて下さると、ほんとに助かりました。心強かったです。

で、ああそうかあ、みかんぐみの開業支援でよろこんでいただけていたお客さまの声ってこんなところから来てるんだあと、体感として理解しました。

それとは、「おまかせで提案してくれる」というお言葉です。

実は、和田としては、「打合せ回数が少なくて不満な方はおられないか?」という心配な気持ちがチラとあったのですが、そんな心配をしているぐらいならむしろ「忙しい経営者さんをサポートし、打合せ回数もすくなく理想の開業の手伝いします」という部分を強化したほうが、よりお役にたてるなとふんぎりつきました。

はい、打合せ回数少ないです(笑!)。

__c0__さんからのメルマガの感想を今月もお待ちしております。
コチラ⇒ 和田美香宛 wada@@salonopen.com (@をひとつとってください)

みかんぐみ株式会社 代表 和田美香 http://salonopen.com

■メルマガ執筆者 和田美香は他にもブログ書いてます
「理美容ニュース」でも美容室内装工事について毎月連載執筆しています「夫婦2人で開業する!こだわり美容室 成功のポイント!』(連載記事一覧がでてきます) http://ribiyo-news.jp/rn/kizi_link.htm#02

———–
<無料相談開催中>美容室開業や店舗デザイン・設計についてどうぞ。
お申込はコチラ→から(主な活動地域は、神奈川、東京です)http://www.salonopen.com/useful/consultation.html
———–
「理念」で集客・経営したい方からの経営相談は、経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」http://www.dreamgate.gr.jp/で、無料相談受付できます。

———–
※このメルマガは「はじめての美容室独立開業工事110番」オフィシャルサイトから、無料小冊子をダウンロードされた方、7日間無料メール講座を受講された方、メルマガ登録された方、当社セミナーに参加された方、無料相談をご利用になられた方、にお送りしています。

※解除および配信先アドレスの変更はこちら → http://www.salonopen.com/useful/mail_course.html

━━━━━
■発行周期/毎月1回
■発行者/みかんぐみ株式会社 代表取締役 和田美香 神奈川県藤沢市遠藤89-A http://salonopen.com/
━━━━━
※本メルマガの内容は、各人の責任においてご活用ください。
※本メルマガの内容の転載の際にはご一報ください。
※twitter http://twitter.com/mike_mikan
※facebook http://www.facebook.com/salonopen110/ 「いいね」で応援ください!
━━━━━
Copyright(C) 2015 Wada Mika. All Rights Reserved.


関連記事

ページ上部へ戻る