ブログ

【安売りしない美容室】紹介客にどんなかたちで感謝をあらわしてますか?

とことんお客様のためにはなにができるかを考えると、割引ではないことが、わかります。割引が喜ばれるとおもっているあなた、それはあなたがそんなお客様をお呼びしているだけです。

5年後のなりたい未来をつくる美容室開業プロデューサーの和田美香です。

新規顧客獲得策として、お客様にご紹介を願うこと、あなたのサロンでもきっと行われてますね。

で、ご紹介元のお客様に、どんなかたちで感謝の気持ちを差し出しておられますか?

もしかして、「10%割引」?

わたしも、いろいろなことに人を紹介したり、ものを紹介したりしますが、割引がほしくて紹介することはまずありません。
自分が体験してよかったことが、友人や知人の助けになるなら、嬉しいなあと、それだけの気持ちです。
もしそこで、「わたしが割り引いてもらえるから、ねえ、紹介されてよ」となど、言うことはまずないとしても、割引が魅力で紹介するということは,友人を、割引目当てで、売り渡すということになります。

和田は、売り渡す気持ちになるというけど、そりゃ考えすぎですよ。

と言いますか?

でも、かんがえてみてください。

自分が逆の立場だったら。

懇意にしている整体店があったとします。
次のような2つのシーンを思い浮かべてみてください。

(1)

「もし、肩があがらないと悩んでおられるお友達がいらしたらぜひ、うちの店をご紹介ください。」
といわれて、ショップカードを差し出されたとします。

すると頭の中で、「40肩で肩がいたがっていたママ友がいたなあ」と、思い起こし始めませんか?

その友人にショップカードをわたしてあげたら、喜ばれるかなあと、考え始めませんか?

(2)

「ご友人やご家族をご紹介いただいたら、次回割引10%します。ぜひ、ご紹介おねがいします。」
といわれて、ショップカードを差し出されたとします。

まあまあだったけど、次割引ならまたうけてみるかなあ。
なに、友人紹介したら10%割引か。
でも、わたしのためにここにきてくれる奴さがすって、そんなのないよなあ。

とそんな会話が頭の中ではたらき始めませんか?

どちらが、頭のなかで、「この友人を紹介しよう」という積極的な気持ちになれるか、比べてみてください。

40肩が痛い友人をすくってあげたい動機のほうが、すっと具体的に、紹介したい友人が思い浮かぶし、また、その友人に会った時に、「そういえば」とつたえやすくなります。

どんな方に喜ばれ、どんな方の役に立つかをお伝えするだけで、紹介の可能性がたかまります。

割引をつたえるたけというのは、「割引をきっかけにお願いトークをさせていただきたい」という気持ちだけがつたわります。
お店のエゴだけがつたわります。

どんな困っている方に効く特徴があるサロンなのか、いまいちど整理してみませんか。
その困っている方を紹介したら、どんないいことしてさしあげたら喜ばれるか、より、また紹介したい気持ちになれるか、自分にあてはめて考えてみられることおすすめします。

お店の仕事と考えると、つい、割引、となりがちですが、自分ならどうかを考えると、割引以外の特典、考えやすくなります。

とことんお客様のためにはなにができるかを考えると、割引ではないことが、わかります。割引が喜ばれるとおもっているあなた、それはあなたがそんなお客様をお呼びしているだけです。

とことんお客様のためにはなにができるかを考えると、割引ではないことが、わかります。割引が喜ばれるとおもっているあなた、それはあなたがそんなお客様をお呼びしているだけです。

———————————————————
毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

——————
事業化や高価格化、集客やブランディング 、ビジネスモデル立て直しなどのご相談はこちらから。
経済産業省後援で10年前にスタートした起業家支援サイト「ドリームゲート」にて和田が有料相談お受けしています。
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mikangumi

取材・講演のお申し込み、ブログについてのメッセージやコンサルティングのお問合せ・お申し込みはコチラ
http://www.5years.net/contact


関連記事

ページ上部へ戻る