ブログ

【美容室開業準備】美容所登録の保健所検査のときどんな道具と準備が必要か

検査時、タオル収納棚には、必要なタオルをいれておく必要があります。クロスも、カット面に応じた必要数を収納しておく必要があります。

美容室設計&美容室専門内装工事サイトの当ブログを訪問いただきありがとうございます。
集客できるサロンづくりにコミットする美容サロン開業支援の、和田美香です。

サロンの店舗工事が終わり、いよいよ美容所登録の保健所検査をむかえるときのことです。
意外と、美容師のみなさま、どんな道具をそろえなければならないか、準備が必要かご存じない方が多く、わたしたちにご質問いただきます。
なので、今日は、保健所検査のときに、どんな準備が必要か、お伝えしますね。

 

必要な備品

つぎのものをそろえてください。
1.メスシリンダー  200cc 1本、50 cc 1本

2.逆性石鹸  1本

3.エタノール  1本

4.未消毒用 トレイ 1個

5.消毒用 蓋付きトレイ 1個

6.乾燥用 トレイ 1個

7.消毒済み用 ハサミ・ブラシ・櫛の収納棚(もしくは収納ケース、もしくは収納容器)

8.タオル収納棚とタオルダスト

9.クロス入れ

10.蓋付きごみ箱 2個

11.救急箱 1箱

上記は、消毒設備コーナーにまとめて設置してください。

 

必要な準備

○消毒液の使い方を説明できるようにしてください。
○消毒の手順を、上記道具をつかって説明できるようにしてください。

保存版にしてご利用ください。
どきどきする保健所検査も、短時間で終わらせ、笑顔でスタートしたいですね。

 

なお、みかんぐみ株式会社の開業支援サポートをお申し込みいただいているサロン様や、設計から工事まで一貫してお申し込みいただいているサロン様には、保健所へ検査を申し込みする書類の書き方からスタートして 、道具のそろえ方や、消毒手順等ついても保健所検査前に、より細かくアドバイスさせていただいております。
(※備品は、どなたさまにも、自前でご準備いただく必要がございます)。

———————————————————
毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

———————————————————

<毎月5組様限定>の美容室店舗開業全般や、店舗デザイン・内装工事に関する
無料相談を開催中。
http://www.salonopen.com/useful/consultation.html ←お申込はコチラから。
対象地域は、神奈川、東京に開業予定の方です
無料相談お申し込み時は、2週間以降先の日程を、候補日として
あげていただくと、ご希望の日程で受付させていただきやすいです。
不動産決定前の段階でもご利用いただけます。


関連記事

ページ上部へ戻る